いわきの夏休み

いよいよ夏本番!いわきにもあつ~い夏がやってきます!!!

夏の平均気温は27℃と“暑くなかった都市”2位(2020年)に位置するほど、
暖流と寒流が交わる潮目の海の影響から過ごしやすい“夏”のいわき市。
なんと31°C を超えることは滅多にないのです!

そんないわき市では、砂浜がまぶしい海水浴、手軽に楽しめるアウトドア、開放的な空間でのアクティビティ、
夏の風物詩~花火大会・七夕まつり・いわきおどりなどなど夏の“楽しみ”が盛りだくさん!
夏休みに楽しめる“いわき”をどどーんとまとめてご紹介します。

この夏は、“いわき”で思い出づくりしよう!!!
  • 勿来海水浴場

    勿来海水浴場

  • 薄磯海水浴場

    薄磯海水浴場

  • 四倉海水浴場

    四倉海水浴場

  • 波立海水浴場

    波立海水浴場

サンシャインブルーの空と海、白い砂浜が広がる海水浴場で夏を満喫!
いよいよ海水浴シーズン到来。
2022年は7月16日(土)より8月15日(月)まで、市内4つの海水浴場を開設します。
いずれも遠浅のビーチで、波打ちぎわで砂山を作ってトンネル掘りや浅瀬で波とたわむれたり…
波の音を聞きながら、ゆっくりと砂浜を散歩したり…と♪
海辺の楽しい思い出をたくさん作ってください!

  • いわき花火大会

    いわき花火大会

  • いわき七夕まつり

    いわき七夕まつり

まつりも良し 花火も良し 夏まつりはこれで決まり!
感染対策の元、しばらくぶりに夏まつりが開催!
お待ちかねの夏の風物詩をようやく見ることが出来ます。
花火大会、七夕まつり~ かき氷にりんご飴、ヨーヨーすくいやくじ引き~
まつりも出店も待ちきれない!
見逃せない夏まつり情報はここからGET!
アウトドアシーンをいわきで♪
アウトドアが楽しめる夏がやってきました!
手ぶらで楽しむバーベキューサイト、緑豊かなキャンプサイトなどなど、いわき市内で楽しめるバーベキュー&キャンプサイトをご紹介!
開放的な屋外で、密を避けながら、アウトドア・バーベキューをENJOYしてみませんか!
いわきあるき2022
素晴らしい“いわき”の良さを歩いて発見する
  あなたの知らないいわきを地元ガイドとめぐるまちあるき
いわきを知らない人にははじめての「いわき」を
いわきを知っている人にはよりふかい「いわき」を
知ってもらうためのコースです。
ウォーキング・トレッキング・登山・自然探訪
さぁ、みんなで【いわきあるき】しよう!
 
 【準備中】
美味しく実っています!
いわきの街なかからちょっとドライブがてらにお出かけすれば、空気の綺麗な山間に美味しい果物が待っています!
ブルーベリー、梨、葡萄、みずみずしい美味しさを味わってください!
いわき市の観光施設では夏休み期間中、自由研究にぴったりの催し物や企画展などが行われます。
イベント等が決まり次第、随時更新していきますのでお楽しみに!!
スパリゾートハワイアンズ「ワールド・サマー・サーカス」
期間:7月23日(土)~9月4日(日)
国内外で活躍する、サーカスアーティストがスパリゾートハワイアンズに大集合します。スペシャルなサーカスをお見逃しなく。
アクアマリンふくしま「ユーラシアカワウソ・ドナウ展」
期間:6月17日(金)~8月28日(日)
多くの来館者に愛されたユーラシアカワウソのドナウ。剥製展示を通し、ユーラシアカワウソに対する理解を深め、その野生下での現状や域外・域内保全の実態を伝えます。
アクアマリンふくしま「蛇の目ビーチ海開き」
期間:4月29日(金)~11月30日(水)
海辺の自然を再現した世界最大級のタッチプール「蛇の目ビーチ」。裸足になってヒトデやナマコなど海の生きものと触れ合い、砂浜で砂遊びを楽しみましょう。
いわき市立美術館「水木しげる 魂の漫画展」
期間:6月25日(土)~8月21日(日)
『ゲゲゲの鬼太郎』などで知られる日本漫画界の鬼才・水木しげるさん。探求心と洞察力、緻密な作画によって生み出された水木ワールドをお楽しみください。
いわき市暮らしの伝承郷「戊辰の役 長橋合戦の図 (模写)」
期間:7月9日(土)~8月22日(月)
二本松出身の日本画家・中村岳南によって模写された「戊辰の役 長橋合戦の図」(模写)。戊辰戦争で磐城平城が落城したした日の長橋での攻防戦の様子が描かれています。
いわきキッズミュージアムin伝承郷
開催日:7月17日(日)
いわき市暮らしの伝承郷にて、水風船釣り、ゴム鉄砲射的、輪投げといった昔遊びや麦わらのコースター作り、木の枝クラフトなどの体験学習(要事前申込)が行われます。
いわき市勿来関文学歴史館「徹底解説!磐城七浜捕鯨絵巻」
期間:7月9日(土)~9月20日(火)
いわき地方における捕鯨は、磐城平藩内藤家の時代に伝わったと言われており、内藤家時代に描かれた「磐城七浜捕鯨絵巻」をもとに、浜の暮らしや捕鯨について解説します。