いわき名物ガイド

いわき夏まつり2024

いわきの夏まつりはこれで決まり!

暑い夏がやってきます!
いわきの夏の風物詩、花火大会や七夕まつり、いわきおどり、盆踊りなどが市内各地で開催されます。
今年はいわきの夏を思い切り楽しみましょう。
いわきおどりなこそ大会が5年ぶりに復活!!
日時:2024年7月20日(土) 11:00~19:20
会場:うえだパティオ通り(いわき市植田町中央地内)

JR植田駅前のうえだパティオ通りにて、いわきの夏祭りの先陣を切る「第38回いわきおどりなこそ大会&歩行者天国」を開催いたします。11:00よりうえだパティオ通りを歩行者天国とし、いわきおどり第1部を17:00から、第2部を18:20からスタートします。「心おどる勿来の熱い夏!」をお楽しみください。
海を楽しむイベント盛りだくさんの2日間!
日時:2024年7月27日(土)・28日(日)10:00~16:00
会場:小名浜港アクアマリンパーク(小名浜1・2号ふ頭間)

バナナボートの体験乗船やキッズボート操舵体験、ジェットスキー体験乗船など、子供も大人もマリンスポーツを楽しめます。大人気、びしょ濡れ必須のジェットスキーアクロバットショーは必見!濡れてもよい服装と着替え・タオルを持って、お出かけください。
踊り手たちのの掛け声とねぶたを引くの声が響き渡る四倉の夏!
日時:2024年7月27日(土) 18:30~21:00
場所:JR四ツ倉駅~道の駅よつくら港

夏祭りの開始を告げる宣言後、「ドンワッセ」の掛け声と共にいわきおどりがスタート。その後、色鮮やかな四倉ねぶた・ねぷたが出発し、「ラッセラー」の元気な声で四倉の街中を練り歩きます。
子どもたちに大人気!元気に泳ぐ金魚をつかまえる!
日時:2024年8月1日(木)18:00~20:00
会場:JR湯本駅前ブロンズ通り

会場に特設のプールを設置し、金魚を放流。幼児から小学生までを対象に参加でき、早い動きの金魚を捕まえます。
水着など濡れてもよい服装とタオル・着替えを持参してお出かけください。
小名浜の街なかが「どんわっせ」で活気づきます!
日時:2024年8月2日(金) 17:10~21:10
会場:臨港道路1号線(産業道路) 

今年は会場が変わり、アクアマリンふくしま入口~いわき・ら・ら・ミュウ入口までの臨港道路にて開催!潮風香る会場にて「どんわっせ」の掛け声と共に踊り流し、優勝や各賞を競います。
やっぺ、やっぺ、やっぺな~と躍動的に踊り流します!
日時:2024年8月2日(金)19:00~21:00
会場:湯本街一円

平成24年に30年ぶりに復活した「やっぺおどり大会」。「やっぺ、やっぺ、やっぺな~」と湯本ならではの陽気なテンポに合わせ、湯本の街なかを躍動的に踊り流します。また、宮本米店前にて「縁日広場」も催されますので、あわせてお楽しみください。
小名浜港の夜空に打ち上がる約10,000発の花火
日時:2024年8月3日(土)19:00~21:00
会場:小名浜港アクアマリンパーク

今年のテーマは「~爛漫 夜空に高く舞い上がれ~」。最大の見せ場は花火と音楽をシンクロさせた創作花火で、音楽に合わせ次々と夜空に花が咲き、港の夜を華麗に彩る様子は観客を魅了します。小名浜港の夜空をスクリーンに描かれる大輪の花をぜひご覧ください。
趣向を凝らした七夕飾りが街を彩り、浴衣姿の人が行き交う
期間:2024年8月6日(火)~8日(木)10:00~21:00
会場:いわき駅周辺商店街

夏の伝統行事として昭和初期から行われている「七夕まつり」。いわき駅前の各商店街が工夫を凝らした華やかな笹飾りが通りを彩り、色とりどりの浴衣姿の人たちが行き交います。
揃う手振りに 笑顔を添えて いわき人の和 踊りの輪♪
日時:2024年8月8日(木) 16:40~20:25
会場:国道399号 JRいわき駅前大通り(ラトブ前~旧国道6号)

勿来・四倉地区を皮切りに、小名浜、いわきの夏の一大イベント「いわきおどり」。「いわき七夕まつり」最終日と同時開催となり、自慢の衣装に身を包み、街が熱気に湧く中「どんわっせ」の掛け声と共にいわき駅前を踊り流します。
光輝きながらゆっくりと回る櫓、その周りを幾重のもの踊りの輪が広がる
日時:2024年8月13日(火)・14日(水)・15日(木)
会場:JR内郷駅前広場

JR内郷駅前広場には電飾や提灯が飾られ、国宝白水阿弥陀堂を模して作られた櫓が建てられ、その櫓を囲み、幾重のもの踊りの輪が広がります。夜空をバックに光り輝きながらまわる姿は何とも幻想的です。
コスプレイヤーも参戦!?仮装し温泉街を踊り流しましょう
日時:2024年8月17日(土)17:30~20:45
会場:表町温泉通り(さはこの湯公衆浴場前)

いわき湯本温泉郷の表町温泉通り(さはこの湯公衆浴場前) を会場に、各々に仮装し踊り歩きます。優勝チームには賞金があり、審査発表後に花火が打ち上げられます。
厳かに流れゆく灯籠の光が夏井川を照らし出します
日時: 2024年8月20日(火)18:00~20:30
会場:平神橋下(夏井川河川敷)

川施餓鬼供養後、日が暮れ始めると約2,000個の灯籠が夏井川を流れ、じゃんがら念仏踊、笠踊りが奉納されます。そして最後に、夜空を飾る花火が約3,000発打ち上がります。
個人を偲ぶ灯籠の淡い光りに鎮魂の思いを馳せ、夏の夜空を彩る花火をご覧下さい。
四倉海岸の夜空に咲き乱れる花火
日時:2024年8月24日(土)19:00~20:00
会場:四倉海岸

東日本大震災の犠牲となった方々への鎮魂と四倉地区の復興への願いを目的に始まった花火大会。終わりゆく夏のひととき、四倉地区の夏の風物詩として打ち上げられる花火をご覧ください。
鮫川の川面を照らす大輪の花
日時:2024年8月31日(土) 18:30~20:00 
会場:鮫川河川敷

勿来の夏の風物詩「なこそ夏まつり」。
いわきの夏祭りのフィナーレを飾る「第26回鮫川花火大会」が鮫川河川敷にて行われ、約2,000発の花火が夜空に色鮮やかな景色を描きます。