颯爽と疾走する馬上からの流鏑馬神事
平安時代の康平6年(1063年)、源頼義が奥州討伐の際、源家が崇敬している石清水八幡を磐城の地に勧請し、戦勝を祈願したのが始まりと伝えられています。
例祭は8月14・15日に執り行われていましたが、明治40年からは太陽暦の9月14・15日となりました。
近年では、9月15日の例大祭直前の土・日曜日に古式大祭及び流鏑馬神事が執り行われます。
400年も続いているこの流鏑馬の神事は現在の競馬と同じく、作占いのために行われたものだと言われています。
縁起物として扇子や生姜を撒くことから、別名生姜祭りとも言われています。

《年中行事》
●初詣:元旦早朝より年頭の祭「歳旦祭」が執り行われます。JRいわき駅から徒歩で訪れることもでき、初詣には約3万人もの参拝者で賑わいます。
節分祭(追儺式):毎年2月3日の節分の日に行われます。 
例大祭:毎年9月1日の祭始祭から始まり9月15日の例大祭まで神事が続きます。

【イチオシ】
いわきの伝統行事についてはこちら→<時を紡ぐ歴史と文化
いわきの節分についてはこちら→< 豆まきに行こう!

基本情報

住所 〒970-8026 福島県いわき市平字八幡小路84
電話番号 0246-21-2444(9:00~16:00・年中無休))
アクセス<車> いわき中央ICから約15分
アクセス<公共機関> JRいわき駅から車約6分
駐車場 有り
大型駐車場 無し
メールアドレス hatiman@noteplan.net

周辺情報

このページを見ている人は、こんなページも見ています

近隣の宿