湯本町の鎮守様として広く崇敬を集める
磐城七社の一つ。「ゆのじんじゃ」、「ゆぜんさま」とも呼ばれます。
祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)と少彦名命(すくなひこなのみこと)、事代主命(ことしろぬしのみこと)。
湯ノ岳を神体山とする。社伝によると上古は湯ノ岳山頂に鎮座し、中世には観音山、江戸時代の明和5年(1768)に現在地へ遷宮しました。本殿は元禄8年(1695)に内藤家により造営され、現在、市の有形文化財に指定されております。

例大祭は別称「さつきまつり」と呼ばれており、花鎮めの意味で、5月2、3日に毎年開催されます。

【ライトアップ】通年 17:00~21:00
季節の移ろいに合わせ色を変化させ、また、こんこんと湧き出る温泉の揺らぎをイメージした演出など、これまでにないライトアップをお楽しみください。

【イチオシ】
・気ままに巡るいわきの四季→<きらりきらりと四季紀行
・いわきの歴史・文化についてはこちら→<時を紡ぐ歴史と文化
・紅葉状況お届けします→<紅葉狩りはいわきへ
【合わせて巡るスポット】
野口雨情記念湯本温泉童謡館
鶴のあし湯広場
さはこの湯公衆浴場
【イベント】
いわき湯本温泉さくらまつり
いわき湯本温泉夏まつりの夕べ



基本情報

住所 〒972-8321 福島県いわき市常磐湯本町三函322
電話番号 0246-42-2007
アクセス<車> いわき湯本ICから約10分
アクセス<公共機関> JR湯本駅から徒歩約5分
駐車場 30台
大型駐車場 有り

周辺情報

このページを見ている人は、こんなページも見ています

近隣の宿