正岡子規に影響を与えた歌人の庵を復元
嘉永7(1854)年に磐城平藩士の子として生まれ、明治時代中期に活躍した歌人「天田愚庵」の庵です。
天田愚庵は、「巡礼日記」「東海遊侠伝」などの著書を残しました。
戊辰戦争で行方不明となった両親と妹を探すため全国を旅し、山岡鉄舟や清水次郎長と出会っております。また、正岡子規は愚庵の影響を受け、和歌の革新運動に努めたと言われます。
昭和41(1966)年11月20日、伏見桃山(京都府)にあった「天田愚庵」の庵をここ松ヶ岡公園内に移築復元しました。

基本情報

住所 〒970-8026 福島県いわき市平薬王寺台3(松ヶ岡公園内)
料金 無料
アクセス<車> いわき中央ICから約5分
アクセス<公共機関> JRいわき駅から徒歩約15分
駐車場 50台
大型駐車場 有り

周辺情報

このページを見ている人は、こんなページも見ています

近隣の宿