水田を潤し、飲料にも活用した用水路
磐城平藩の郡奉行である沢村勘兵衛勝為が起工し、寛文5(1665)年に完成した水路です。小川町関場にある取水口から四倉町に至るまでの約30キロメートルにおよび、約1200haの水田を潤しました。水道水としても使用されており、いわき市の発展に大変寄与いたしました。

基本情報

住所 〒979-0101 福島県いわき市小川町地内
アクセス<車> いわき中央ICから約17分
アクセス<公共機関> JR小川郷駅から車約2分
駐車場 無し

周辺情報

このページを見ている人は、こんなページも見ています

近隣の宿