磐城七社の一つ。神名帳には記載があったが、中世の間に廃絶。
磐城平藩主内藤義概(よしむね)の調査の際に、下小川村を流れる夏井川あたりにある二又八幡宮を「其辺りの河水二又に分かれて長るるを以て二俣の神號は起こりしならん(その辺りで夏井川が二又に分かれて流れているのをもって、二俣という号は起こった)という理由で、二俣神社の遺跡と同定しています。

【イチオシ】
・いわきの歴史・文化についてはこちら→<時を紡ぐ歴史と文化

基本情報

住所 福島県いわき市小川町下小川地字梅ノ作53-1