岩壁を掘った仏様の像
2019年8月24日にいわき市鹿島町久保付近で土砂崩れが発生しました。
この影響により、市指定文化財の「久保摩崖仏」が巻き込まれてしまいました。

鹿島町久保の鹿島街道に面した岸壁を掘り、如来形坐像が半肉彫にされています。通称「瀬戸薬師様」と呼ばれ、地元から尊崇し「岩薬師」とも呼び親しまれています。
如来坐像は4体で、2体は削られ、場所を移動しています。
建立年代は、小名浜住吉の住吉麿崖仏と大きさが近く、義帆などの共通点が多いことからも、鎌倉時代頃の作とされています。
破損が激しいのは、千年もの長い間に雨風にさらされたためと言われます。
像高は最大134.5cm。
<平成21年4月市指定文化財> 

基本情報

住所 〒971-8144 福島県いわき市鹿島町久保相京作
電話番号 0246-58-3092(金光寺)
アクセス<車> いわき湯本ICから約21分
アクセス<公共機関> JRいわき駅から車約17分
駐車場 無し

周辺情報

このページを見ている人は、こんなページも見ています

近隣の宿