• 赤井諏訪神社例大祭

    赤井諏訪神社例大祭

貞応2年(1223)年に勧請されたと伝わるいわき市平赤井にある赤井諏訪神社。
毎年8月第4土・日曜日に例大祭が執り行われており、三匹獅子舞・棒術・山外舞が奉納されます。

山外舞は昭和51年いわき市の無形民俗文化財に指定されており、大國魂神社の大和舞を伝承したのが始まりと伝えられています。大黒舞や稲荷舞が演じられ、最後のひょっとこ舞では演者総出で踊り、山外舞と書かれた扇子や紅白の餅を参拝者に蒔きます。扇子は縁起がよく、拾うと魔除けにもなると言われています。

《年中行事》
元旦祭:1月1日の元旦祭ではいわき市無形文化財指定の山外舞が奉納されます。
●例大祭:毎年8月第4土・日曜日に執り行われ、いわき市無形文化財指定の山外舞が奉納されます。

【イチオシ】
・いわきの歴史・文化についてはこちら→<時を紡ぐ歴史と文化

基本情報

イベント開催期間 2019年8月24日(土)・25日(日)
イベント開催場所 赤井諏訪神社
住所 〒979-3132 福島県いわき市平赤井字団粉田74

周辺情報

このページを見ている人は、こんなページも見ています

近隣の宿