映画「超!高速参勤交代」のゆかりの地を巡る
かつての江戸時代湯長谷藩であった当時のいわき湯本町を偲び歩く
映画「超!高速参勤交代」の舞台は、江戸時代のいわきに存在した湯長谷藩。湯長谷藩の藩主内藤家のゆかりの地で、当時訪れたであろう寺社などを、当時の思いを馳せながら歩いてみませんか?
全行程:約3時間
START
いわき湯本駅から徒歩で約15分
1

金刀比羅神社

海の護り神として古くから信仰を集める
  • 金刀比羅神社
500年の歴史を持ち、大物主大神(オオモノヌシノカミ)を御祭神とする神社です。
毎年1月10日の例大祭は「初こんぴら」とも言われ、海上安全、商売繁盛を願い、福だるま(いわきだるま)や熊手を買い求める人で賑わいます。付近の道路は早朝から深夜まで通行止めになり、約500軒の露店が軒を並べます。
徒歩で約10分
2

湯長谷藩九十九折街道

  • 湯長谷藩九十九折街道
湯長谷藩の商人の町として栄えた場所で、今も大きな屋敷の塀や土蔵があり当時の面影を感じます。この地に門を構える太平桜酒造は、映画の主人公である湯長谷藩第4代藩主「内藤政醇」の名を受け酒を作りはじめ、藩の財源のひとつだったと言われています。
徒歩で約15分
3

龍勝寺

  • 龍勝寺
湯長谷藩を治めていた内藤家の菩提寺です。近くにある磐崎中学校が湯長谷藩陣屋跡であり、現在は校内に記念の石碑が建てられています。
徒歩で約20分
4

湯長谷藩館跡

磐城平藩の支藩として湯長谷藩がありました
  • 湯長谷藩館跡
内藤忠興が隠居した際、次男・遠山政亮を分家し1万石を与えたことから始まります。
1670年に湯長谷に6,000坪の屋敷と家臣屋敷を構え立藩しました。
1741年に磐城平藩・内藤政樹が日向国延岡に転封となり、磐城で三藩に分立した内藤氏は湯長谷藩のみとなります。
湯長谷藩館跡・外堀などが現存しています。
昭和51年11月(1976年)湯長谷藩館址建碑協賛会によって城跡の岩崎中学校へ石碑が建立されました。
徒歩で約10分
5

長徳寺

カタクリの群生地
  • 長徳寺
カタクリの名所であり、地元のカタクリの花保存会の方々が10年以上前から手入れをし現在の群生地となりました。
また、シダレザクラも春に咲き誇ります。
徒歩で約20分
6

長谷寺

  • 長谷寺
徳一開基寺とされ、本尊の長谷式木造十一面観音立像は県指定重要文化財。
徒歩で約15分
7

温泉神社

湯本町の鎮守様として広く崇敬を集める
  • 温泉神社
上代の昔、霊峰湯の岳(別称佐波古峰)に鎮座し、天武天皇2年(674年)湯本三凾、明和5年(1768年)に現在地に遷座しました。延喜式内社、磐城郡七座の一つで、祭神は地下資源の神・医薬を司る神を祀っております。
例大祭は別称「さつきまつり」と呼ばれており、花鎮めの意味で、5月2、3日に毎年開催されます。
GOAL