震災の記憶と未来への希望をこめて
全国各地からの多くの支援と、人々の尽力で、津波で被災した街は自然と調和した緑地道路を持つ美しい街へと生まれ変わりました。
その一方で、時間の経過とともに「あの日から今日まで」を伝えることが難しくなっています。
震災から得た教訓や経験を次の世代へ連綿と繋げて行く、『記憶石』はその思いを形にしたものです。
碑に刻まれた灯台から子どもたちが手をふる絵は、津波で命を落とした地元小学生が描いた「塩屋埼灯台」です。

基本情報

住所 〒970-0223 福島県いわき市平薄磯宿崎33−5
電話番号 0246-39-3636(山六観光)
アクセス<車> いわき湯本ICから約30分
アクセス<公共機関> JRいわき駅からバス約27分(灯台入口バス停)徒歩約15分
JR泉駅からバス約43分(灯台入口バス停)徒歩約15分