「鎮魂の祈りの証し」として後世に伝えていく
久之浜・大久地区では東日本大震災によって関連死を含め69名が犠牲になりました。
「東日本大震災追悼伝承之碑」は、大震災にあっても津波倒壊を免れた久之浜稲荷神社(秋葉神社)に置かれています。いわき市久之浜・大久地区の復興対策協議会が「将来において何があっても守られる場所」との想いからこの神社の境内に建立しました。

中央の石碑には「大地震が起きたら大津波が来る」「直(す)ぐ逃げろ、高台へ。一度逃げたら絶対戻るな」と教訓が記され、碑文には震災の被害状況や地区再生の歩みを記録し「鎮魂の祈りの証し」として後世に伝えていく決意が、芳名板には遺族の了承を得た66人の名前が刻まれています。

基本情報

住所 〒979-0333 福島県いわき市久之浜町久之浜東町
アクセス<車> いわき四倉ICから約12分
アクセス<公共機関> JR久ノ浜駅から徒歩約6分

周辺情報

このページを見ている人は、こんなページも見ています

近隣の宿