燃える石に心燃やした男
安政2(1855)年、白水川に面した弥勒沢で石炭露頭を発見した片寄平蔵。横浜港が開港されると出店を設け、磐城の産物を外国へ輸出した人物です。後々のいわきで栄える石炭産業の道を切り開き、その偉業から「いわきの石炭産業の父」と呼ばれています。昭和30年に百年忌を記念し功徳碑を白水阿弥陀堂内に建立、昭和52年に石炭発見の地に近い現在の位置に移設されました。

基本情報

住所 〒973-8405 福島県いわき市内郷白水町広畑地内
アクセス<車> いわき中央ICより約17分
アクセス<公共機関> JR内郷駅から車約8分
駐車場 無し