いわき駅周辺の美しい一本桜
いわき駅周辺の一本桜の巨木を巡ります
いわきの中心いわき駅から少し入っただけで、桜の巨木に出会えます。美しい姿を是非周遊してご覧ください。
全行程:約2時間
START
いわき駅から車で約7分
1

三島八幡神社

2本の見事なシダレザクラ
  • 三島八幡神社
境内には樹齢300年と500年という2本のシダレザクラがあり、4月上旬の見頃に合わせ夜間ライトアップも行われます。
花付きも良く、見ごたえのあるシダレザクラに、地元の人々も多く賑わいます。
車で約8分
2

立鉾鹿島神社

桜と電車のコントラストに写真家が集まります
  • 立鉾鹿島神社
神社に祀(まつ)られている御祭神「武甕槌神(タケミカヅチノカミ)」が、東北を平定するためにこの地に至りました。
当時「塩干山」と呼ばれていたこの山に登り「鉾」を立て、これから進む東北を眺望したことから、「立鉾(たてほこ)」という地名で呼ばれるようになりました。
春には神社脇の線路側に桜が咲き、桜と電車のコントラストに写真家が集まります。
車で約5分
3

いわき万本桜

インスタ映えのツリーブランコは一見の価値あり!
  • いわき万本桜
いわき市にゆかりのある世界的な現代美術家、蔡國強氏といわき万本桜プロジェクト共同のもと平成25年4月にオープン。
別名「スネーク・ミュージアム・オブ・コンテンポラリーアート(Snake Museum of Contemporary Art)」、略称はスモカ(SMoCA)。
約99mある回廊に様々な作品が展示されています。美術館の高台には、シンボルであるツリーブランコがあります。
車で約5分
4

住善寺

枝ぶりが見事なシダレザクラ
  • 住善寺
江戸時代の俳人・内藤露沾も訪れて和歌や俳句を詠んだという住善寺。 左右に枝が伸び、見る角度によって違った様子を見せてくれる見事なシダレザクラが春に咲き誇ります。 また、境内にはもう1本シダレザクラがあります。
<市指定保存樹木№70・昭和55年9月1日>
<樹高8.2m、幹周1.8m>
車で約5分
5

大運寺

左右に舞うシダレザクラ
  • 大運寺
枝が左右に大きく開き、舞っているかのような見事なシダレザクラが有名な大運寺です。シダレザクラは、昭和55年10月1日にいわき市指定樹木に指定されています。
<市指定保存樹木№81・昭和55年10月1日>
<樹高7.7m/幹周3.2m>
GOAL