数々の文化財が存続する歴史ある御寺
大同2年(807)に徳一大師が創建した市内13ヶ寺のうちの1ヶ寺。慶安元年(1648)徳川三代将軍家光公より寺領御朱印30石を拝領し、以来地方屈指の壇林寺として僧侶弟子の学業・育成にあたりました。御本尊の木造聖観音世菩薩像は室町時代の作で県の重要文化財、木造地蔵菩薩半跏像・木造不動明王・鐘楼門は市の有形文化財に指定されています。他に、千体仏、大日如来、扁額、御朱印状、宝筐印塔など数々の指定候補を所有しています。

●木造聖観音菩薩坐像 (県指定重要文化財 昭和51年5月4日)
●木造地蔵菩薩半跏像(附)五重相伝6紙、布薩戒血脈1紙、口伝類7紙、紙札4枚 (市指定有形文化財 平成16年4月28日)
●木造不動明王立像 (市指定有形文化財 平成28年5月2日)
●円通寺鐘楼門  (市指定有形文化財 令和2年5月1日)
●福島八十八ヶ所霊場 第六番札所
●福島百八地蔵霊場 第百番札所 延命地蔵
【御朱印】有
【御守】有(アマビエ500円)
●御詠歌有り(毎月第3土曜日)

【年中行事】
●初大師祭・大般若会:毎年1月21日
●施餓鬼会:毎年8月11日

【おすすめコース】
駅からぶらり路線バスの旅 ~遠野の街並みと山の幸グルメを巡る~

基本情報

住所 〒972-0161 福島県いわき市上遠野字根小屋40
電話番号 0246-89-2627
営業時間 7:00~17:00
最終入場・入館 17:00
料金 護摩札3000円・5000円・10000円
アクセス<車> 湯本ICから約10分
アクセス<公共機関> JR湯本駅から車約20分
駐車場 有り(25台)
大型駐車場 有り(3台)