禅宗様仏殿建築として価値が高い建築物
大同2年(807)に徳一大師により開かれたと伝わる臨済宗の寺院です。
木造扁額の「普門山禅長護国禅寺」と「海會」は天正7年(1579)に正親町天皇の勅願所となり、下賜されたもので県の重要文化財に指定されています。
また、本尊の木造観音菩薩半跏像は滝見観音とも呼ばれており、室町時代の作品でこちらも県の重要文化財に指定されています。
7月10日にご開帳が行なわれ、本尊を拝むことができます。
なお、仏殿は桃山〜江戸時代に建てられたといわれおり、禅宗様仏殿建築として価値が高い建築物で、昭和52年に市指定文化財となりました。

基本情報

住所 〒971-8122 福島県いわき市小名浜林城大門9
電話番号 0246-58-7941
アクセス<車> いわき湯本ICから約16分
アクセス<公共機関> JR泉駅からバス約13分
駐車場 有り
大型駐車場 無し

周辺情報

このページを見ている人は、こんなページも見ています

近隣の宿