自転車がメインの交流拠点 いわき自転車文化発信・交流拠点 ノレル?(NORERU?)

自転車が好きな方もそうでない方も、行ってみませんか?

いわきFCパーク1階にオープンした“NORERU?”は「自転車」を中心とした、スポーツを通じた交流の場です。「自転車のある暮らし」「自転車とともに楽しむいわき」を発信する拠点です。
自転車に乗れたあの日のこと、覚えていますか。風になれた。行けなかったところに行けた。
住み慣れた街が、輝いて見えた。
そう、あの日から、世界が変わった。

けれどその感動の前には、不安や葛藤、
自分になんてできない、そんな迷いがあったはずだ。
新しい世界に足を踏み入れたとき、
できないことができるようになったとき、
そこにはきっと、だれかの支えがある。

だから私たちは、このまちに支えをつくりたい。
私にも乗れる?できる?そんなの無理だよ!
そんなふうに思っただれかを支え、
チャレンジできる場をつくりつづけたい。

いわき自転車文化発信・交流拠点「ノレル?」は、
あなたの「乗れる?」に応える場。
スポーツによって広がる世界を、そして共歓の場を
いわきから、すべての人たちに。
自転車がメインの交流施設ではありますが、サイクリストでない方も大歓迎な場所と聞いて私も早速行ってみました。

「ノレル?」は飲食が可能な施設なので、3階の「RED&BLUE CAFE」や「PANCAKE FACTORY」で購入したものも持ち込むことができます。また同じく3階にある「ゼリーのイエ」の待ち時間に利用するのもいいですね。

入り口を入るととてもお洒落な雰囲気の空間だったので驚きました。

フロアマップを見ながら施設の中を歩いてみたいと思います。
入り口を入ってすぐ手前にあるのがメインパークです。テーブルは飲食可能なスペースです。
メインパークのテーブルには営業時間などが書かれたパンフレットがあります。
向かって左側にあるのがダイニングルーム。
飲食可能なスペースです。本格的なキッチンがあります。料理教室なども開催予定だそうです。

小さなお子様連れの方は気を付けていただきたい場所がありますのでご注意ください。
奥はスロープパーク。緩やかな傾斜になっています。
スロープパークには本棚が並んでおり、さまざまなジャンルの本や絵本があります。
インクルーシブとは「みんないっしょ」ということかな。
畳敷きになっているので畳の上は靴を脱いで利用します。
こちらは飲み物はOKですが食べ物はNGです。

みんなの「ノレル?」への思いが書かれてあったり、カードゲームがあったり。

窓から顔を出してみたら、秘密基地みたいで楽しい気分になりました。
向かい側に見えるのはワークルームです。
続いてワークルーム。私はここのスペースでちょっと作業したいなと思って行ったみたのですが、BGMで流れている音楽が心地よく響きます。
作業効率も上がりそうですね。
こちらは飲み物はOKですが食べ物はNGです。

足元にはコンセントがあり、パソコンや携帯の充電も可能です。
いわきFCパーク内はフリーWi-Fiも使用できるので、お仕事などもできます。
建物の右側はディスプレイエリアになります。
自転車やユニフォームなどがありました。
ディスプレイエリアの隣にあるのがピットルームです。
メカニックのスタッフがいるので自転車についての質問や相談ができます。また自転車の持ち込み修理も受付けています。自転車についてマニアックな話ができるかも?

私が行ったときは「いわきサイクルフォトコンテスト2021」が開催中で、市内のサイクリングコースの中上級者向けのコースが紹介されていました。
オフィスの前には市内の観光パンフレットや市内のイベントのフライヤ―などが置いてあるので、いわきFCパークにお出かけの際には立ち寄ってチェックするのがおススメです。
建物や屋根を覆うこのカラフルな布地は何だと思いますか?これは手ぬぐいを縫い合わせたものだそうです。
地元福島産のオーガニックコットンを使用しており、職人さんが丁寧に染めた手ぬぐいです。
どれもカラフルでオシャレですよね。
「ノレル?」での販売はありませんが、オンラインショップや市内のお店でも販売しているところがあります。いわきのお土産としていかがでしょうか?

手ぬぐいについて詳しくはWebサイトをご覧ください。
中央のステアーズパークは地元産の木材(杉)でつくられているそうです。

私と自転車の思い出は本屋さんでの仕事。
専業主婦から仕事復帰するのに選んだのは、毎日お客さんのところに本を届ける仕事。
その日の配達ルートは自分で決めることができて、本をママチャリの荷台に乗せて、町を探検するようにあっちこっち自転車を走らせて。
今日はどの道を走ろうか?車じゃ通れない細い道も自転車だとスイスイ。
毎日いろんな発見があって楽しかったな。

あなたは自転車にどんな思い出がありますか?
自転車に興味がある人もない人も、ぜひフラリと立ち寄ってみてくださいね。
気軽に立ち寄って休憩できる交流拠点のほか、バイクスクールやメカニック講座、補助輪はずし教室(この教室は会場が新舞子ハイツになります)など自転車に関するイベントも開催されています。
公式Webサイトのカレンダーや各SNS(Twitter、Instagram、Facebook)をご覧ください。


いわき自転車文化発信・交流拠点ノレル?(NORERU?)
住所 : いわき市常磐上湯長谷町釜ノ前1-1 いわきFCパーク102区画
営業時間 : 10:00~20:00(月・木・金)10:00~18:00(土・日・祝)
定休日 : 火・水 ※祝日の場合は営業
電話 : 0246-85-0170

(取材日R3/11/14時点の情報ですので詳しくは店舗にお問い合わせください)
「ノレル?」と同じいわきFCパークにあるカフェです。

■プロモ隊おススメ!お子さま連れにもやさしい開放的なカフェ2選 その1|いわきのイチオシ|いわき市観光サイト - いわき市の観光・旅行情報が満載!
この記事を書いた市民ライター
山田 亜希子

山田 亜希子

いわき芸術文化交流館アリオスが発行する「こどもをつなぐ、まちとつなぐコミュニケーションペーパー キッズ★アリペ」市民編集部員。
いわきでの子育て情報を発信している「いわきこどもプロジェクト」管理人。

人気レポートランキング
気になるテーマから探す
地域から探す
ライターから探す