御宝殿熊野神社で稚児稚児田楽・風流が披露されます
2021年の「祭礼行事」は、国内外における新型コロナ感染症の流行状況を踏まえ、神職・総代のみで執り行い、神輿渡御は中止とすることといたします。

稚児田楽・風流は、8月1日(日)、御宝殿熊野神社周辺で披露の後、社殿にて奉納いたします。時間は11:00頃から12:40頃まで、見学も可能です。
なお、ご観覧の際は、マスク着用とソーシャルディスタンスを確保するなど、感染症対策をお願いいたします。

<稚児田楽・風流>
神事と民俗芸能が一つとなり、現代まで守り続けられている祭礼「稚児田楽・風流」。
平安時代末期に立荘されたいわき市錦町の御宝殿熊野神社にて、毎年7月の海の日に奉納されます。
祭礼では、5メートルほどの孟宗竹2本を競って立てることで、豊作を占う「鉾立の神事」。短いほこ竹をもつ2人の「露払い」とささらを鳴らす「ざらっこ」6人、計8人の子どもたちが浴衣に白い上衣姿で、お囃子に合わせ舞を踊る「稚児田楽」。鷺・鹿・龍・獅子の頭を被り、豊年を感謝しやぐらの上で舞う「風流の舞」などが執り行われ、昭和51年に「御宝殿の稚児田楽・風流」として国の重要無形民俗文化財に指定されました。

【イチオシ】
・いわきの歴史・文化についてはこちら→<時を紡ぐ歴史と文化

基本情報

イベント開催期間 2021年8月1日(日)※祭礼行事は神職・総代のみで執り行います。
イベント開催場所 御宝殿熊野神社
開催時間 11:00頃~12:40頃
住所 〒974-8232 福島県いわき市錦町御宝殿31
電話番号 0246-62-2207
アクセス<車> いわき勿来ICから約10分
アクセス<公共機関> JR植田駅から車約10分
備考 【お願い】新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、マスクの着用と咳エチケットなどの予防対策にご協力ください。なお、発熱や咳などの症状がある方、入場をご遠慮いただく場合がございます。詳しくは各施設にお問合せください。

周辺情報

このページを見ている人は、こんなページも見ています

近隣の宿