フラ・フラダンス

いわき市舞台にフラガールを仕事に選んだ新人ダンサーの成長を描く オリジナルアニメ映画製作決定!

福島県いわき市を舞台にフラガールを仕事に選んだ主人公・夏凪日羽(なつなぎ・ひわ)と同期の仲間たちの成長を描く青春群像劇がオリジナルアニメ映画として、2021年初夏に公開が決定いたしました。(配給:アニプレックス)

オリジナルアニメ映画初主演を務めるのは、若くして幅広い活動で 注目を集め続ける福原遥。フラガールだった姉の後を追い同じ世界に飛び込んだ、フラ初心者の主人公・日羽役を務めます。

総監督は、「鋼の錬金術師」(03)、『劇場版 機動戦士ガンダム 00 -A wakening of the Trailblazer-』(10)などで監督を務めた水島精二。監督は、『劇場版アイカツスターズ!』(16)や「ガンダムビルドダイバーズ」(18)等で監督を務めた綿田慎也。脚本を担当するのは、2014 年・2017 年と 2 度にわたり「東京アニメアワードアニメ オブ ザ イヤー」部門でオリジナル原作・脚本賞を受賞した『若おかみは小学生!』(18)の吉田玲子。キャラクターデザインは「アイカツ!」(12)、BEATLESS-ビートレス-」(18)でキャラクターデザインを務めたやぐちひろこ。制作はBN Pictures(代表作「アイカツ!」(12)、「銀魂」(06)、「TIGER & BUNNY」(11)等)が務め、豪華スタッフ陣たちが、令和の時代を生きるフラガールの物語を紡ぎます。

オリジナルアニメ映画『フラ・フラダンス』、ぜひご期待ください!
ティザービジュアルは主人公・日羽がまっすぐ前を見据える印象的なビジュアル。日羽がフラガールを仕事にすることへの不安や期待、決意が混じった表情が描かれ、新しい生活へ挑む直前のみずみずしい感情が伝わります。
column

公式twitter

『フラ・フラダンス』2021年初夏 公開

フジテレビがパートナー各社(アニプレックス、イオンエンターテイメントなど)と共に取り組んでいるアニメプロジェクトの名称です。
東日本大震災から 10 年の節目となる 2021 年に、岩手県、宮城県、福島県をそれぞれ舞台とするアニメ作品をお届けすることにより、多くの方にその舞台となる地を訪れていただき、創生の息吹、自然の美しさ、文化の深さ、 食の豊かさなどの地域の魅力に触れていただくきっかけとなれば…との願いを込めて、立ち上げたプロジェクト です。
「忘れない」ことの大切さをあらためてここに…。
column
夏凪日羽Twitter アカウント

夏凪日羽Twitter アカウント

いわき市観光応援キャラクター

「いわき市観光応援キャラクター」として、新人ダンサー・夏凪日羽の目線で地元の魅力を発信していきます!

舞台となる福島県いわき市の風景や日羽たちが勤めるスパリゾートハワイアンズ、そのダンシングチームの姿をノスタルジックな実写映像で構築。映し出される原風景は、日羽たちが暮らす土地であり、本作のロケ地として劇中で描かれ、今後公開されていくアニメ映像への期待が膨らみます。PV内のキャッチコピー「わたし、“フラ”を仕事にします。」は水島総監督のディレクションのもと、福原自身がナレーションを担当しています。
主人公・日羽は、このダンシングチームの新入社員
■ 常磐興産株式会社:西澤順一 代表取締役社長 コメント
新人フラガールを主人公にしたアニメ映画が作られることになり、たいへん嬉しく思います。
震災から 10 年、新たな時代を生きる 5 人の新人フラガールの物語は、まさに当社の新人たちが成長していく道のりと重なり合うもので、アニメの世界と現実の世界が同時に進んでいくような気がして、今からワクワクしています。
来年の夏、このアニメをご覧になった多くの皆さんに、ハワイアンズ、いわき市、そして、福島県を訪れていただくことを、心待ちにしています。
本映画の解禁に先駆け、9 月 1 日に今年の新人フラダンサーのデビューと合わせ、「いわき市観光応援キャラクター」として主人公・夏凪日羽の Twitter を開設。福島県・いわき市の魅力を伝えるべく、情報を発信しています。いわき市・ハワイアンズの理解と協力を得て、オリジナル映画のキャラクターを映画製作の解禁より先に発表するという極めて珍しい取り組みとなりました。