夏井川渓谷

多くの滝や渕が変化に富んだ美しい日本画のような風景が約15kmも続く夏井川渓谷。昭和28年3月に夏井川渓谷県立自然公園に設定され、四季折々の景色を見ることができる。春のアカヤシオ、秋の紅葉の時期はJR磐越東線徐行運転が行われ、車窓からその景色の素晴らしさを楽しむことができる。「籠場の滝」は平藩主が籠をとめて景色を堪能したことからこの名前が付けられたと言われている。

よみがな
なついがわけいこく
名称
夏井川渓谷
時期
アカヤシオ:4月上旬~中旬/紅葉:10月下旬~11月中旬
所在地
いわき市小川町上小川~川前地内
駐車場
有り
トイレ
有り
アクセス

<車>常磐自動車道「いわき中央I.C」から約30分
<交通機関>磐越東線「江田駅」下車、錦展望台まで徒歩約40分

備考

【散策時の注意】
夏井川渓谷には遊歩道が無く、車から降りて歩いて楽しむというには少し難しいところがあります。車窓からご覧頂くか、駐車場周辺でご覧頂く方が良いでしょう。
県道41号線は幅員が狭く、対向車とのすれ違いが困難なところもあります。特に大型観光バスでの通行はご注意下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebook





ページ上部へ戻る