カテゴリー:寺社仏閣

  • 小川諏訪神社のシダレザクラ<市指定天然記念物>

    いわき市の天然記念物に指定されており、樹齢は500年以上と推測される。 樹高11.5メートル、幹周3.6メートルの巨木であり、市街地のソメイヨシノより先に咲き始める。 観桜期はさくらまつりを開催。石段や参道が竹…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 能満寺のシダレザクラ

    沖縄に渡り念仏を広めたいわき市出身の僧「袋中上人」が出家したお寺と言われている能満寺。 国の重要文化財である虚空蔵菩薩坐像が祀られており、毎年4月13日に虚空蔵尊例大祭が行われ年に1度御開帳される。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • <国宝>白水阿弥陀堂

    藤原清衡の娘・徳姫が、夫 岩城則道公の供養のために建立したといわれている。平安時代後期の代表的な阿弥陀堂建築。美しい曲線を描く屋根と浄土式庭園が調和した、優美な姿を見せてくれる。夏に古代ハスが咲き、秋には大イチョ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 閼伽井嶽薬師常福寺

    大同元年、徳一大師の開基。本尊は薬師如来尊像。本尊の守護として日光・月光菩薩像がある。本堂・鐘楼堂は過去何度も山火事で焼失しており、現在の本堂は昭和17年落成。大師堂の「弘法水」は、弘法大師が独鈷を突いたところか…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 金刀比羅神社

    海の護り神として古くから信仰を集めてきた500年の歴史を持つ神社です。毎年1月10日の例大祭では、船の安全と豊漁を願う人、商売繁盛を願う人が福だるま(いわきだるま)や熊手を買い求める人で賑わいます。初金毘羅とも言…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 飯野八幡宮

    平安時代の康平6年(1063年)、源頼義が欧州討伐の際、源家が崇敬している石清水八幡を磐城の地に勧請し、戦勝を祈願したのが始まると伝わる。 9月13日に行われる潮垢離神事から始まる例祭は、市内外から多くの人が集…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 波立薬師(波立寺)

    大同元年( 806)、徳一上人が海上鎮護を念じ、天竺渡来の阿弥陀如来を安置して創建したと言われています。境内には沢山のアジサイが植られ、アジサイ寺とも呼び親しまれています。道路を挟んだ目の前に、海から突き出た弁天島…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 御宝殿熊野神社

    旧菊多郡73ケ村の総鎮守で、大同2年(807年)6月7日、紀州熊野新宮の別当 日下大善と共に熊野の分霊を勤請し、長子地内に仮宮を造営して祭ったのが始まりとされています。弘仁元年(810年)2月15日 大島郷に遷宮…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 温泉神社

    上代の昔、現在地より、4km西方に聳える霊峰湯の岳(別称)佐波古峰に鎮座し、天武天皇2年(674年)にこの湯本三凾の地に遷座し、明和5年(1768年)に現在地に遷座しました。例大祭は別称さつきまつりと呼称し花鎮め…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 大國魂神社

    創建は養老3年(718)以前に遡る、いわき市では最古の神社です。恵比寿・大黒様のお宮として、市内外から参拝客が訪れます。 延喜式内社、磐城郡七座の首座として鎮座しています。 市指定無形民俗文化財になっている大…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook




ページ上部へ戻る