勿来関文学歴史館企画展のご案内
12月21日(土)から2020年3月17日(火)、出目洞白満喬が打った面をはじめ、同時期に活躍した能面師の作品や、満喬が晩年に下川村の源養院に寄進した「黒石大明神縁起絵巻」など、満喬に関連する貴重な資料を紹介します。
ぜひ、この機会にご覧ください。

【出目洞白(水野谷加兵衛)】
江戸時代の能面師、出目洞白満喬(でめとうはくみつたか、本名:水野谷加兵衛)は寛永10年(1633)現在のいわき市泉町に生まれました。
若くして越前出目家4代古元休満永(こげんきゅうみつなが)に弟子入りしました。
その後、満喬は故郷下川村に戻り、神社に能面を奉納しました。
満喬はその後再び京に上り、児玉満昌(こだまみつまさ)のもとで修業を続け、寛文12年(1672)に朝廷から「天下一」の称号を授けられました。
それと同時期に満喬は大野出目家4代としてその名跡を継ぎました。

《会期中のイベント》
●講演会「出目洞白~天下一の能面師~」
講師:三戸 利雄先生(出目洞白研究家)
日時:2020年2月8日(土)
会場:体験学習施設「吹風殿」
※無料 定員50名 事前申込は不要

●ギャラリートーク(要観覧券)
日時:12/22(土)、1/12(日)、2/9(日)、3/15(日)、
時間:14:00~14:30

●冬休みクラフト教室「スノードーム作り」※要事前申込(メールか電話でご予約ください)
日時:12月22日(日)
時間:10:00~11:30
費用:500円(材料費)
※定員20名(先着順)
※小学生以下のお子様は保護者同伴でご参加ください。





基本情報

イベント開催期間 2019年12月21日(土)~2020年3月17日(火)
イベント開催場所 いわき市勿来関文学歴史館
開催時間 9:00~17:00
住所 〒979-0146 福島県いわき市勿来町関田長沢6-1
電話番号 0246-65-6166
定休日/休業日 1月1日(水)
1月15日(水)
2月19日(水)
駐車場 有り
メールアドレス bunreki@nifty.com
備考 観覧料
一般 330円
大高中 220円
小学生 170円
ドキュメント イベントチラシはこちら