東北初、金澤翔子美術館の屏風展「金澤翔子書展」を開催いたします。
美術館の立地である遠野町は過疎化、高齢化が進んでいます。
そこで中山間地域に現在住んでいる方々、これからも住み続けようと決めている方々が幸せを感じられるように、地域の活性化を図りたいと考えております。
また、復興への思いを胸に自立のための一歩を踏み出そうとしているいわき市の方々に、障害を抱えながら一人暮らしをする金澤翔子の力強い書が勇気を与えられたらとの思いで、いわき市応援大使である書家金澤翔子の書展を東北で初めて開催いたします。

金澤翔子書の屏風展(東北初)前期と後期の2期に分けて行い前期と後期で屏風の大半を入れ替えます。
これは金澤翔子の作品展では初めての試みです。
また、本格的に書を始めたのは5歳ですが、その前から筆持つことがあったので筆を持ち始めてから30年ということで、~翔子30年の書の歩み~とサブタイトルを付けました。

展示作品数 常設作品約50点 屏風約20点(予定)

基本情報

イベント開催期間 前期2019年4月27日(土)~5月14日(火)
後期2019年5月17日(金)~6月2日(日)
イベント開催場所 金澤翔子美術館
開催時間 4月27日(土)
13:30 セレモニー
14:00 金澤翔子席上揮毫(書道パフォーマンス)
住所 〒972-0163 福島県いわき市遠野町根岸字横道71番地
電話番号 0246-89-2766
ドキュメント イベントチラシはこちら

周辺情報

このページを見ている人は、こんなページも見ています

近隣の宿