冬の企画展「没後30年記念 草野心平の居酒屋『火の車』もゆる夢の炎」開催中!

生涯で13もの様々な商売を手がけた草野心平。
昭和27年、東京都文京区田町に居酒屋「火の車」を開き、心平がカウンターで包丁を握り、奥の四畳半で寝起きをして健筆をふるいました。
昭和31年12月に閉店するまで渦巻いた「夢の炎」を、「火の車開店まで」、「火の車開店以後」、「火の車常連客」、「草野心平・宮沢賢治・高村光太郎の食
のエピソード」の4つにわけて紹介します。

また、スポット展示として「草野天平 天平と妻梅乃」が開催されています。会期は1月2日(水)〜3月24日(日)。
詩人草野天平(くさのてんぺい 1910〜1952)の生涯と作品とともに、彼の晩年の詩作を支え、没後は半世紀以上にわたって顕彰活動を続けた妻梅乃(うめ の)とのかかわりに光をあてます。

●冬の企画展「没後30年記念 草野心平の居酒屋『火の車』もゆる夢の炎」
会期:平成31年1月12日(土)~3月14日(日)

●居酒屋「火の車」一日開店《事前申込制》
草野心平が開いていた居酒屋「火の車」で、心平が命名したお品書きにちなんだ料理を試食します。
日時:平成31年3月10日(日)午前11時30分から
・寸劇「火の車時代」
時間:午前11時30分~11時50分
場所:文学館常設展示室
・「火の車」ランチタイム 《事前予約制》
料理人 中野由貴氏、文学館ボランティアの会会員
時間:正午時~12時30分
場所:文学館 小講堂
・食卓トーク「心平・賢治・光太郎 ある日の食事」
講師:中野由貴氏(宮沢賢治学会会員・料理研究家)
時間:午後1時~2時
場所:文学館小講堂
《お申し込み方法》
いわき市立草野心平記念文学館宛に、電話または往復はがき、FAX、E-mail のいずれかでお申込みください
受付開始:平成31年2月10日(日)
定員:先着50 名
参加料:500円※所定の観覧料も必要です

●スポット展示「草野天平 天平と妻梅乃」
会期:平成31年1月2日(水)〜3月24日(日)
会場:文学館文学館常設展示室前
※観覧券が必要です

【お申込み・お問い合わせ先】
いわき市立草野心平記念文学館
住所:福島県いわき市小川町高萩下タ道1-39
電話:0246-83-0005
FAX: 0246-83-2939
E-mail:info@k-shimpei.jp
ホームページ:http://www.k-shimpei.jp/index.html

詳しくはこちらから→<冬の企画展「没後30年記念 草野心平の居酒屋『火の車』もゆる夢の炎」【小川エリア】>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

案内所スタッフおすすめ情報!《BLOG》

Facebook









ページ上部へ戻る