いわき市勿来関文学歴史館 企画展「いわきの雛の吊るし飾り」12月8日(土)より開催!

いわき市勿来関文学歴史館 企画展「いわきの雛の吊るし飾り」が12月8日(土)より開催されます。
いわき市の吊るし飾りは、3月の節句の時に雛壇のまわりや花瓶に柳の枝を立てさまざまなものを飾った風習で、平・常磐・遠野・山田地区で特徴ある吊るし飾りが行われていました。
企画展では、平町の旧塩屋呉服店・山﨑家で女児の初節句の祝いとして明治24年~大正4年に手作りされた「お志ゑ雛様 お吊し物」、押絵、紙細工、つまみ細工、袋もののお吊るし物を、計97点を展示します。
12月9日(日)には午後2時から施設職員による展示説明が、12月22日(土)には午後2時から冬休みクラフト教室「押絵で作る干支(えと)の飾り」が行われます。冬休みクラフト教室「押絵で作る干支(えと)の飾り」は事前予約が必要で12月21日(金)午後5時締切、定員は20名まで先着順の受付となります。
会期等詳しくはこちら→<企画展 いわきの雛の吊し飾り【勿来エリア】

●講演会「雛の吊し飾りの民俗」
学習院女子大学非常勤講師の山崎祐子さんを講師に迎え、講演会を開催いたします。参加費は無料、事前申し込みは不要です。
日時:平成30年年2月9日(土)午後2時~3時30分
会場:体験学習施設「吹風殿」

●《事前申込制》冬休みクラフト教室「押絵で作る干支(えと)の飾り」
日時:平成30年12月22日(土)午前10時~11時30分
会場:体験学習施設「吹風殿」
材料費:1,000円(当日徴収)
定員:20名
※小学生以下は保護者同伴でお申込みください

●ギャラリートーク
日時:平成30年12月9日(日)・平成31年1月13日(日)・2月10日(日)・3月10日(日)午後2時~2時30分

●《事前申込制》勿来関ひな祭句会
日時:2019年3月3日(日)午後1時~4時
会場:体験学習施設「吹風殿」 (当館に隣接)
参加費:無料

【お問い合わせ先】

いわき市勿来関文学歴史館
住所:福島県いわき市勿来町関田長沢6-1
電話:0246-65-6166
ホームページ:http://www.iwaki-ec.or.jp/bunreki/

《施設情報》
開館時間:午前9時~午後5時 ※入館は午後4時30分まで
休館日:毎月第3水曜日(祝日の場合はその翌日)、1月1日
観覧料:一般320円/中学・高校・大学生220円/小学生160円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

案内所スタッフおすすめ情報!《BLOG》

Facebook










ページ上部へ戻る