いわき市暮らしの伝承郷 企画展「第2回昭和10年代のいわきの年中行事写真展」開催中!

いわき市暮らしの伝承郷では、企画展「第2回昭和10年代のいわきの年中行事写真展」が開催されています。12月8日(土)には午後1時30分~2時まで、施設職員による展示資料の解説が行われます。

磐城民俗研究会会員だった岩崎敏夫氏(民俗学者)と内藤丈夫氏が、昭和10年代に撮影したいわき地域の年中行事の写真を展示し、現在も継承されている行事の、約80年前から現在への移り変りを紹介しています。
懐かしいいわき市内の風景とともに、時代の変化をご覧ください。

会  期:平成30年12月1日(土)~平成31年1月31日(木)
展示内容:沼ノ内弁財天「鳥小屋の日の沐浴」
     好間町   「正月飾り」
     平     「七夕」「だるま市」
     錦町    「御宝熊野神社の稚児田楽」
     四倉    「神輿の浜降り」
     滝尻    「三匹獅子舞(ささら)」
     豊間    「唐箕での風選」    など

【お問い合わせ先】
いわき市暮らしの伝承郷
住所:福島県いわき市鹿島町下矢田字散野14-16
電話:0246-29-2230
ホームページ:http://www.denshogo.jp/

観覧料:一般 330円/高・大学生 210円/小・中学生 170円
開園時間:10月~3月の期間 午前9時~午後4時30分 ※入園は午後4時まで
休園日:毎週火曜日(祝日・振替休日の場合はその翌日)、12月29日~1月1日

">

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

案内所スタッフおすすめ情報!《BLOG》

Facebook










ページ上部へ戻る