《事前申込制》連続講座「いわきの戊辰戦争 其の二」受講者募集のお知らせ

《事前申込制》連続講座「いわきの戊辰戦争 其の二」受講者募集のお知らせ [平成30年5月30日(水)更新]1

湿気を含んだ重たい空気が漂ういわき市です。
気圧が下がると頭がどんよりとしてきませんか?
「気象病」というらしいのですが、これから梅雨時期となり、ますますどんよりとしてしまいますね。
首のストレッチなどで乗り切っていきましょう。

小名浜さんま郷土料理再生プロジェクト@onahamanosanma)さんのTwitterによると本日、今年初となるカツオが水揚げされたそうです!!
初夏の味覚カ・ツ・オ。
スタッフも鯉のぼりならぬカツオのぼりで喜びを表現してみました。
にんにくたっぷりで早く食べたいですね
《事前申込制》連続講座「いわきの戊辰戦争 其の二」受講者募集のお知らせ [平成30年5月30日(水)更新]2

さて、本日は受講者募集のお知らせです。
1868(慶応4)年に薩摩藩、長州藩、土佐藩などによる明治新政府軍と、奥羽越列藩同盟の諸藩などが戦った「戊辰戦争」。
戊辰の年に始まったことからこの名前が付き、今年で150年となります。
この節目の年に、いわき地域学會副代表幹事の夏井芳徳さんを講師に迎え、連続講座「いわきの戊辰戦争 其の二」を開講いたします。

現在、其の一が行われており、泉、小名浜、常磐地区などの戊辰戦争の様子について取り上げられております。
今回募集する其の二では、3度に渡る攻防が繰り広げられた磐城平城と中神谷の笠間藩神谷陣屋での戦いについて学びます。
どのような戦いが行われたのか、いわきの地で繰り広げられた「戊辰戦争」の経緯や状況を一緒に学びましょう!

受講料は無料ですが、事前申込制となっており、先着150名様となります。
定員になり次第、締め切りとなりますので、お早めにお申し込みください。

連続講座「いわきの戊辰戦争 其の二」
開催日:平成30年6月27日(水)・7月4日(水)・11日(水)・18日(水)
時間:午後6時30分~8時
会場:いわき市生涯学習プラザ大会議室(福島県いわき市平一町目1 ティーワンビル)
定員:150名 ※定員となり次第募集を終了致します。
募集期間:平成30年5月30日(水)~ 6月20日(月)
受講料:無料

受講内容
・1回目「第1次磐城平城の戦いと第2次磐城平城の戦い」
慶応4(明治元、1868)年6月29 日と7月1日、磐城平城は2日連続で新政府軍の攻撃を受けました。その戦いの様子を新政府軍と磐城平藩、双方の記録をもとにたどります。
日時:平成30年6月27日(水)午後6時30分~8時

・2回目「第3次磐城平城の戦いと磐城平城の落城」
慶応4(明治元、1868)年7 月13 日、磐城平城は落城しました。朝8時から真夜中の12時まで、16時間に及ぶ激闘とそのなかで起きたことを取り上げます。
日時:平成30年7月4日(水)午後6時30分~8時

・3回目「笠間藩神谷陣屋の戊辰戦争」
笠間藩はいわきに3万2千石の所領を持ち、中神谷に神谷陣屋を置いていました。戊辰戦争の時、笠間藩は新政府に味方し、奥羽越列藩同盟軍と戦いました。
日時:平成30年7月11日(水)午後6時30分~8時

・4回目「米沢藩、山吉源右衛門の死」
米沢藩から磐城平に援軍に来た山吉源右衛門は、磐城平での戦いで戦死し、その亡骸は米沢まで送り届けられることになりました。磐城平から米沢までの、その旅は波乱万丈、大変な旅になりました。記録をもとにその旅をたどります。
日時:平成30年7月18日(水)午後6時30分~8時

《申込方法》
受講申込書に必要事項(氏名(ふりがな)・電話番号・ファックス番号・Eメールアドレス・住所)をご記入頂き、ファックスもしくはEメールのいずれかによりお申し込みください。
申込期限は平成30年6月20日(水)必着としますが、定員になり次第締め切らせていただきます。

【お申し込み・お問い合わせ先】
いわき市文化スポーツ室文化振興課
電話:0246-22-7546
ファックス:0246-22-7552
Eメール:bunkashinko@city.iwaki.fukushima.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

案内所スタッフおすすめ情報!《BLOG》

Facebook






ページ上部へ戻る