背戸峨廊の立入制限解除について

昨年9月の大雨の影響により「トッカケの滝」から入山を見合わせておりました背戸峨廊が、登山道の整備が完了したことから平成28年7月16日(土)より立入制限を解除することとなりました。
春は新緑、夏は木々の緑と流れる水の音を、そして秋は紅葉、四季を通して楽しめる背戸峨廊にぜひ、お越しくださいませ。

【背戸峨廊とは】
いわき市出身のかえるの詩人「草野心平」の命名によるもので、夏井川渓谷の支流の一つである江田川のことです。
「背戸」は隠れたところ、「峨廊」は岸壁がそそり立つさまを表現しています。
奇岩怪石と大小10以上もの滝が続き、激しい流れと瀞が変化に富んだ景色を作り出しています。

よみがな
せどがろ
名称
背戸峨廊
時期
制限解除日:平成28年7月16日(土)
時間
入山時間 春・夏:14:00まで/ 秋・冬:12:00まで
所在地
いわき市小川町上小川江田地内
お問合せ先
いわき市観光交流室観光事業課施設係
TEL
0246-22-7480
駐車場
有り
トイレ
有り
アクセス

JR:JR磐越東線「江田駅」下車、徒歩約10分
車:常磐自動車道「いわき中央I.C」より約20km、約30分

備考

【特記事項】
・登山時、混雑するシーズンに大勢で歩くときは、一周5時間程度かかることもあります。
・登山靴・トレッキングシューズ、手袋等の装備をしっかりとしてください。
・自分の体調に合わせ、無理をしないで下さい。
・登山道の途中にトイレはありません。登山口駐車場のトイレで済ませて入山してください。
・登山の前には絶対に飲酒しないでください。
・石の上や濡れた流木は大変滑りやすくなっています。充分に気を付けてください。
・ゴミは必ず持ち帰りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebook




ページ上部へ戻る