福島丸帰港式及びマグロの水揚げ 平成26年6月23日(月)

福島県立いわき海星高等学校の海洋実習船【福島丸】が、61日間の実習を終え無事に帰港いたしました。

帰港式では、生徒代表 山崎黎 君(海洋科3年)が、「はじめは、家族が居ない中船酔いに苦しみ、先の航海に不安になったが、仲間の協力で乗り切る事が出来て良かった」とスピーチ。

今回は、海洋科3年、専攻科・海洋科1・2年、専攻科機関科2年の合計39名が実習を行い、メバチなどのマグロの他、カジキなど合計19トンもの水揚げがありました。

生徒達が、ハワイ沖で漁獲したマグロなどは船内で内臓などを取る処理を行い、急速冷凍し小名浜港まで運ばれた新鮮なままのマグロは、【福島丸】ブランドとして、

7月12日(土)・13日(日)に市内スーパーマルト全店で販売される予定です。

IMG_0659 IMG_0680

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebook




ページ上部へ戻る