湯長谷藩館跡

内藤忠興が隠居した際、次男・遠山政亮を分家し1万石を与えたことからはじまる。
1677年に湯長谷に6、000坪の屋敷と家臣屋敷を構え、1741年に磐城平藩・内藤政樹が日向国延岡に転封となり、磐城で三藩に分立した内藤氏は湯長谷藩のみとなる。1871年の廃藩置県により湯長谷に湯長谷県庁が置かれ、翌年には競売され幕を閉じる。

1976年(昭和51年11月)湯長谷藩館址建碑協賛会によって石碑が建立される。
2014年には湯長谷藩が舞台となった映画「超高速!参勤交代」が公開された。
2016年9月、続編である映画「超高速!参勤交代リターンズ」が絶賛公開中。

▼湯長谷藩にまつわる企画展を開催中!▼

映画『超高速!参勤交代 リターンズ』 特別展
平成28年度ミニ企画展「リベンジ!湯長谷藩展」

よみがな
ゆながやはんかんあと
名称
湯長谷藩館跡
所在地
いわき市立磐崎中学校地内(いわき市常磐下湯長谷町家中跡25)
アクセス

常磐自動車道「いわき湯本I.C」より約3.7km、約10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebook










ページ上部へ戻る