飯野八幡宮

平安時代の康平6年(1063年)、源頼義が欧州討伐の際、源家が崇敬している石清水八幡を磐城の地に勧請し、戦勝を祈願したのが始まると伝わる。
9月13日に行われる潮垢離神事から始まる例祭は、市内外から多くの人が集まる行事。特に14、15日の流鏑馬神事は有名。

400年も続いているこの流鏑馬の神事は現在の競馬と同じく、作占いのために行われたものだと言われる。縁起物として扇子や生姜を撒くことから、別名生姜祭りとも言われる。

よみがな
いいのはちまんぐう
名称
飯野八幡宮
郵便番号
970-8026
所在地
いわき市平字八幡小路84
TEL
0246-21-2444
駐車場
有り(大型不可)
アクセス

<車>常磐自動車道「いわき中央I.C」から約15分

備考

国指定文化財建造物:本殿・仮殿・神楽殿・唐門・楼門・若宮八幡神社
国指定文化財工芸品:大薙刀
国指定文化財古文書:飯野家文書
県指定文化財工芸品:常滑大壺
県指定有形民俗文化財:絵馬双鷹図、絵馬引馬図
県指定無形民俗文化財:流鏑馬と献饌
市指定文化財建造物:八幡宮幣殿拝殿
市指定文化財絵画:源為朝の図額、絵馬 渡辺綱の図
市指定文化財工芸品:八幡宮神輿・竹林七賢図硯屏・仙女蟋桃図硯屏・刀
市指定有形民俗文化財:流鏑馬の用具類及び献饌の祭器
市指定文化財考古資料:青銅製鈴杏葉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebook










ページ上部へ戻る