飯野八幡宮の流鏑馬と献饌

流鏑馬祭り・生姜祭りの名で知られており、以前は旧暦の8月14・15日に行われていたが、明治40年より太陽暦の9月14・15日に改められた。

由緒ある祭りで、貞和2(1346)年、放生会において流鏑馬の神事が行われたと記録にある。

以前は8月14・15日に祭礼を行い放生会と称して流鏑馬の騎士も、領主と宮司それぞれが奉納していた。

また、平成23(2011)年9月より、お祭りの日時が変更された。

明治時代に古式神事の行事が政府の命により中止されたが、現宮司の祖父・飯野盛容の努力により八十八献饌が続けられた。

■9月1日~9月15日祭典の流れ

■祭始祭(まつりはじめさい)
■圓座的祭(えんざまとまつり)
■潮垢離神事 建暦元年(1211)から続いており、藤間の浦(いわき市平藤間字川前63-3)で宮司・騎士・馬の潔斎が行われ、浜辺で採取した貝殻を杯として直会(なおらい・神事に参加したもの一同で神酒を戴き神饌を食する)がある。その後、久保木・青木・星野の三家に立ち寄り、庭先で馬を空駆けさせる。 本殿にて献幣使(けんぺいし・神社本庁から各神社に幣帛を奉献するための使い)を迎える。
■例大祭
■浦安舞  拝殿にて奉納。また、神楽殿でも奉納される。
■流鏑馬神事 騎士は狩りの衣装に笠・縢(むかばき)・箙を着け、弓を持つ。笠は五色の紙垂(しで)で飾られ、馬の背には蒔絵の和鞍が置かれる。
また、馬の四脚は藤間の海岸から角樽で汲み上げてきた潮水で清められ、神前で御祓いをうけたあと、神域を一巡して一の鳥居の前で礼射式を行い、馬場に向かう。馬場では空駆け、生姜撒き、扇子撒き、的矢の順で行われる。
的は杉板七枚組みで方二尺五寸の大きさで、13日に作っておいたものを馬場の3ヶ所に立てる。
■清興(せいきょう)  獅子神楽を境内にて奉納
■古式大祭 ●神輿渡御(みこしとぎょ)
神輿が稲荷台にある御旅所(子鍬倉神社境内)まで渡御した後、神社に還御する。
その後直ちに、八十八膳の献饌が始まる。●八十八膳献饌(けんせん)一夜酒・繭形の餅・青さや豆・里芋の御汁・山芋・かじめ・大根・みょうが・河骨・にがいも・ごぼう・ずいき・わらびの御料理・栗・柿・くるみ・柚子の御菓子・高盛のおふかしが旧儀に従って、漆塗りの椀、高杯などの祭器に盛り付けられる。それらを唐櫃に収めて白丁が奉舁する。
本殿に献饌された後、境内の摂社、末社を巡って献饌が行われる。

 

■流鏑馬神事
■浦安舞 神楽殿にて奉納

保存団体飯野八幡宮指定日昭和58年3月25日 県指定重要無形民俗文化財

※いわき市教育委員会発行 「いわき市の文化財」より転載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebook









ページ上部へ戻る