youtube

「スポーツ&ヘルスツーリズム」をテーマに、いわき市出身の女優「武田玲奈」さんが、近年オープンした「いわきFCパーク」と「ワンダーファーム」、古来より続く「いわき湯本温泉郷」を巡り、これまでとは一味違ったいわきの新たな観光の魅力をご紹介。体を動かしてヘルシーな食事をとり、温泉でリラックス。いわきで元気になる旅に、出掛けてみませんか?

いわきFCパーク IWAKI FC PARK

サッカークラブ「いわきFC」の活動拠点となる「いわきFCパーク」は日本初の商業施設併設型クラブハウスとして、2017 年にグランドオープンしました。世界基準のスポーツファシリティとしての機能に加え、アンダーアーマーのショップや、レストラン&カフェ、英会話教室が入り、スポーツにふれながらショッピングや食事を楽しむことができる施設です。一流の講師が教える朝ヨガやランニングイベントも定期開催しています。

イメージ画像
いわき FC ホームページ
イメージ画像
体験ヨガの紹介
毎月第一日曜日の朝は、いわきFCパークで朝ヨガ! 心も身体もリフレッシュ! ヨガ終了後は、いわきFCオフィシャルカフェのRED& BLUE CAFEが提供する軽食タイムもあります。
参加費: 1,000 円(小学生以下無料)
持ち物: ヨガマット(貸出は 300 円)
お問合せ: 株式会社いわきスポーツクラブ
TEL:0246-72-2511(月曜日〜金曜日/10時〜18時)
MAIL:iwakifc@domecorp.com
イメージ画像
営業時間(平日): 11:00〜23:00(LO.22:00)
営業時間(土・日・祝): 9:00〜23:00
電話番号: 0246-85-5722(テイクアウトあり)
座席数: 店内 43 席 テラス約 12席

ワンダーファーム WONDER FARM

いわき市四倉インターすぐ脇にあるワンダーファームは一昨年オープンしたばかりの『トマトのテーマパーク』です。通年で楽しめる9種類のトマトを自由にもぎとりができる『トマト狩り』や、広大な芝生の上で手ぶらで楽しめる『手ぶらdeバーベキュー』、地域の食材をふんだんに使用した45品目の料理を食べ放題で楽しめるブッフェレストラン『森のキッチン』、地元農産物やお土産品、パティシエ手作りのスイーツなどを楽しめるカフェがある『森のマルシェ』などなど、丸1日自然の中で楽しめる施設です。また、週末ごとにハンドメイドマルシェや様々な体験イベントなども開催してます。
いわきの温暖な気候で自然いっぱいの環境の中、トマトと多彩なアクティビティで健康的な1日を楽しんでみては如何でしょうか?

イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
お問合せ・ご予約: 0246-38-8853(レストラン直通)

[ 月・火・水・木]

ランチ営業時間: 11:00〜15:00(LO.14:00)
ディナー営業: 10人以上の3日前までのご予約限定で営業いたします。

[ 金・土・日・祝前日・祝日]

ランチ営業時間: 11:00〜15:30(LO.14:30)
ディナー営業: 17:30〜21:00(LO.20:00)
座席数: 136席、テラス20席
イメージ画像
トマト狩りの紹介
敷地面積2.5ha、サッカーコート3.5面分もある広大なトマトファームでは、新鮮なトマトの収穫体験ができます。フルーツトマトやミニトマトなど、全部で9種類ものトマトを袋いっぱいに詰めて楽しみましょう。
実施時間: 土・日・祝/10:00・11:00・12:00・13:00・14:00・15:00
平日は予約優先。前日までにご予約の上、
お越しください。※森のマルシェにて受付
ご利用料金: お一人様1,000円(大人・小人同額)
森のあぐり工房製高糖度トマ トジュース付

※トマトの育成状況により、お休みする日もございますので、あら かじめご了承ください。

イメージ画像
BBQの紹介
自然いっぱいのワンダーファームの広場で、ワンダーファームや農家の採れたて野菜を使ったバーベキュ一体験が楽しめます。ご家族や仲間同士など、楽しい思い出にどうぞ。
ご利用場所: ワンダーファームガーデンエリア
ご利用時間: 11:00〜20:00(17:00 受付締切)
器材使用料: 3時間3,000円(30分増すごとに500円の追加)
ご利用料金: 大人(中学生以上)お1人様500円
小人(小学生)お1人様300円
予約締切: 希望日の7日前まで

いわき湯本温泉郷 IWAKI-YUMOTO HOT SPRING VILLAGE

いわき湯本温泉は、毎分5.5トンの湧出量を誇る摂氏59度の天然硫黄泉で、その歴史は奈良時代にまでさかのぼり、日本三古泉の一つといわれています。泉質は全国的に珍しい「含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉」で、美肌作用や血圧低下など様々な効能を併せ持ち、保温効果も高いことから、「美人の湯」「心臓の湯」「熱の湯」とも言われています。宿泊はもちろん、日帰り入浴を楽しめる旅館・ホテルや、公衆浴場「さはこの湯」「みゆきの湯」、足湯スポットもあるので、気軽に温泉を楽しんでください。

イメージ画像
さはこの湯公衆浴場
江戸末期の建築様式を再現した純和風の建物の日帰り入浴施設です。岩風呂と檜風呂があり日替わりで入浴ができます。源泉掛け流しの天然硫黄泉で、旅の疲れを癒してください。近隣の湯本駅前には共同浴場「みゆきの湯」もあります。
管理者: 一般財団法人いわき市公園緑地観光公社
電話: 0246-43-0385
ご利用時間: 8:00〜22:00
定休日: 第 3 火曜日、1/1
ご利用料金: 大人230円、小人90円
駐車場: あり(大型不可)
URL: http://www.iwakicity-park.or.jp/sahako/
イメージ画像
温泉神社
延期式内全国温泉神社の七社のうちの一社。古くは霊峰「湯の岳」(別称:佐波古峰)に鎮座し、天武2年(674年)に湯本三凾の地に遷座、明和5年(1768年)に現在地に遷座されました。祭神は地下資源の神、医薬を司る神で、湯本町の鎮守様として崇敬を集めています。5月に開催される例大祭「さつきまつり」では、献湯式や神輿渡卸が行われます。また、秋には境内のモミジが見頃を迎え、イチョウの絨毯が境内を埋め尽くします。
イメージ画像
鶴のあし湯広場
源泉掛け流しの足湯で、あつ湯とぬる湯の2種類の足湯のほか、手湯やペットの足湯もあります。敷地内には湯壺跡の石碑があり、イベントスペースとしても利用されています。また、近隣の湯本駅前には電車の待ち時間にも利用される足湯広場「愛湯物語」があります。
ご利用時間: 7:00〜22:00
定休日: 無休
ご利用料金: 無料
駐車場: なし
イメージ画像
フラ女将(いわき湯本温泉女将会 湯の華会)
いわきの湯本温泉の女将さんたちが、着物でフラを踊り、フラのまちいわきを盛り上げています。いわき湯本温泉「鶴のあし湯広場」では女将さんたちがフラを披露する「フラのまちオンステージ」が定期的に開催されています。

いわき湯本温泉旅館協同組合

URL http://www.iwakiyumoto.or.jp/