いわき市石炭・化石館ほるる 特別展「フタバスズキリュウのヒミツ展」今週末よりスタート!

昭和43(1968)年にいわき市大久町で発見されたフタバスズキリュウ
約8,500万年前の地層から当時高校生の鈴木直さんによって発掘されました。親属新種のクビナガリュウで「Futabasaurus suzukii (フタバサウルス・スズキイ)」という学名が付けられています。
映画『ドラえもん のび太の恐竜』では、のび太が首長竜の卵を見つけ、孵化した子供をピー助と名付けたエピソードがありましたが、この映画でクビナガリュウを知った方も多いのではないでしょうか。

このフタバスズキリュウ発見から今年でちょうど50年となります。
そこで、いわき市石炭・化石館ほるるでは特別展「フタバスズキリュウのヒミツ展」を今週末の7月21日(土)よりスタートいたします。
東京・国立科学博物館が収蔵するフタバスズキリュウのオリジナル化石がいわきへ里帰りし、実物標本を大公開します。
全身骨格を間近で見て、その大きさを体感しましょう!!

また、発見から50年の間に判明した新事実や、化石発掘にいたるいわきの地質調査・化石発掘の歴史とフタバスズキリュウ発見の物語の紹介します。
日本テレビ「ザ!鉄腕!ダッシュ!!」で発見されたクビナガリュウ化石も公開しますので、こちらも見逃せませんね。

特別展開催期間中は講演会やワークショップも盛りだくさん。
体験ツアーではコハクの採取や標本作り、フタバスズキリュウの発見者・鈴木直さんと現地見学など夏休みの自由研究にぴったりの内容です。ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

世界に誇るクビナガリュウ化石をこの機会にぜひご覧ください。
皆様のご来場をお待ちいたしております。

イベントについて詳しくはこちらから→いわき市石炭・化石館ほるる 特別展「フタバスズキリュウのヒミツ展」

名称
いわき市石炭・化石館ほるる 特別展「フタバスズキリュウのヒミツ展」
時期
平成30年7月21日(土)~10月31日(水)
開催場所
いわき市石炭・化石館ほるる
所在地
福島県いわき市常磐湯本町向田3-1
お問合せ先
いわき市石炭・化石館ほるる
TEL
0246-42-3155
HP
http://www.sekitankasekikan.or.jp/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebook








ページ上部へ戻る